ふじかわ家のページ


by mmbrothers

<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

スロットルポジションセンサーの調整方法について調べてみた。

http://www.ibmwr.org/r-tech/oilheads/zero528.shtml

上記の方法では、スロットルバルブのストッパーネジも調整する必要があり、他の資料では「原則的には触ってはいけないところ」と記載があるので、ちょっと手が出せない。

ただ、
http://www.ibmwr.org/r-tech/oilheads/R11Manual/Oilhead_Maintenance_2-25-02.pdf
のP61に同じ人が手順を記載しているが、こちらはストッパーネジを調整しなくても出来そうなので、
この方法でチャレンジしてみようかな!?

要約すると、下記赤枠内のスロットルポジションセンサーを固定している2つのネジをゆるめ、
コネクタの4つのピンのうち、#1にかかる電圧を0.370 ~0.400Vに合わせるように回転させて固定しなおす。
a0038328_212929.jpg


画像はA&S BMW Moto

More
[PR]
by mmbrothers | 2011-11-30 21:35 | BMW R1100RS
エンジンが温まってから(RIDの油温計がレベル5付近)のアイドリングが不安定になる現象が直らない。
信号待ちでニュートラルにするため、クラッチレバーを握るままでは安定しているが、
クラッチレバーを離すと回転が不安定になり、たまにエンストする。

単にアイドリング回転数が低いのか
クラッチセンサーはこの型はECUに繋がっていないため、関係ないか
ミッションオイルを3万キロほど交換していないためか
レギュラーガソリンを入れているからか
イグニッションセンサーの角度を変えているからか
バルブクリアランスの問題か
スロットルポジションセンサーの調整が必要か?
[PR]
by mmbrothers | 2011-11-29 22:08 | BMW R1100RS
私のバイクは購入時から、サイドスイッチセンサーがキャンセルされていた。
本来はサイドスタンドを立てたままだとエンジンがかからないが、
立てたままでもエンジンがかかり、スタートする事が出来るようになっていた。

便利が良いのだと思うが、サイドスタンドをたたむのを忘れ、スタートし、左に曲がろうとして地面にすれる事がたまにある。

何処かにキャンセラーがあるはずなので、調べてみる事にした。

More
[PR]
by mmbrothers | 2011-11-27 16:23 | BMW R1100RS

エンジン停止の原因判明

ヒューエルポンプを交換しました。

左が純正、右が購入品。WALBRO製です。型は5CA400。振るとカラカラと金属球?が入っているような音がします。
a0038328_13344691.jpg


More
[PR]
by mmbrothers | 2011-11-20 13:50 | BMW R1100RS
ヒューエルポンプが動作しない場合、
ヒューズか、リレー、ケーブル、ポンプの切り分けを行いますが、
タンク内のポンプを外す前に、ヒューズとリレーが問題ないかどうかを切り分け出来ます。
タンクとのコネクタの緑と茶のケーブルにテスターを接続し、
イグニッションONで一瞬12V以上になればヒューズとリレーは問題無し。
もう少し早くわかっていれば。。

当然キルスイッチがONになっていると、ポンプは動作しません(電流は流れません)



イグニッションONで、ヒューエルポンプのウィーンという作動音が聞こえないという事は、
タンク側のケーブルか、ポンプの不良という事になります。
[PR]
by mmbrothers | 2011-11-20 13:13 | BMW R1100RS

プラグコード比較

先日購入したプラグケーブルと純正を比較してみた。


右が純正、左が購入したシリコンコード。

a0038328_2346899.jpg


More
[PR]
by mmbrothers | 2011-11-18 00:08 | BMW R1100RS
非常に類似した現象を見つけていた。

Help With Fuel System R1100RS

フューエルポンプを注文していたが、本日到着した。

More
[PR]
by mmbrothers | 2011-11-15 23:21 | BMW R1100RS
タンク内のフューエルポンプと、配線を調べてみた。

a0038328_20422663.jpg


More
[PR]
by mmbrothers | 2011-11-13 21:23 | BMW R1100RS
先週末にエンジンがかからないトラブルが発生したが、
原因がイグニッションセンサーのケーブル修理かと思っていたが、どうやら違ったようだ。

センサーを外す前に、バッテリーとLEDでセンサーの動作確認を行ったが問題なかった。

ただ、圧着スリーブがショートしかかっているのじゃないかと思い、熱収縮チューブを剥がしてみた。
チューブが熱で引っ付いた状態になっていた。内側の圧着スリーブとシリコンケーブルは問題なし。
a0038328_1851270.jpg


長距離走行や渋滞でRIDの油温は目盛6程度に上がりますが、その時はかるく125度を越えるようです。

参考

なので、耐熱シリコンガラスチューブに変更しました。これだと耐熱温度は180度です。
a0038328_18513083.jpg

[PR]
by mmbrothers | 2011-11-13 19:16 | BMW R1100RS
昨日に引き継き、イグニッションONでフューエルポンプに繋がるコネクタを調べた。

テスターを使用して、4つのコネクタのうち、どこに電圧がかかるか調べた。
結果的には、イグニッションONで、茶色のケーブルに-、白のケーブルに+をつなげると、12V以上の電圧がかかった。

a0038328_1958208.jpg

a0038328_2003920.jpg


11/20
ポンプに繋がるケーブルは緑+と茶-だった。
イグニッションONの直後一瞬だけポンプに12Vの電圧がかかります。
それでウィーンという作動音が鳴るというわけです。
参考

キルスイッチがONの場合と、ABSランプが点灯しだした後は電圧がかかりませんので切り分けする場合は注意。
[PR]
by mmbrothers | 2011-11-11 20:01 | BMW R1100RS