ふじかわ家のページ


by mmbrothers

カテゴリ:BMW R1100RS( 129 )

房総ツーリング


本日は早朝から房総ツーリングに出かけた。

朝6:30に自宅出発
武石ICから富浦ICまで高速を利用(日曜日なので、高速代1000円)
昨日は大雨だったが、本日は朝から晴れ予想。ただ7時前後は曇っており高速は結構寒かった。
そのまま127号線→410号線と南下。
本当は88号線に入りたかったが、どこで曲って良いか分からずそのまま直線方向へ
途中右に曲がり、房総フラワーラインに入る。
非常に風が強かったが、通る車がほとんどなく、快晴で海も真っ青で心地よい。
257号線→途中迷ったが、なんとか88号線に入り、北上
途中道の駅で一休みし、ワインディングが続く88号線を楽しみ、465号線経由
88号線は道幅が広く、車も少なくそこまでクネクネしていないので、非常に楽しかった。
昼から家族で千葉こどもの国に行くという約束をしていたので、下道を通らず
富津中央ICから高速で帰路し、幕張ICで降りる(高速代950円)

R1100RSはさすがリッターバイクなので、低速から高トルクで変速せずに加速出来るのは楽ですね。

自宅到着 10:00

距離:252KM
時間:3:30
燃費:約20km/l

13:00過ぎに今度はTouranで子供の国へ出発
到着後、芝生の上で弁当持参で昼食をとり、バンジートランポリンという初めて見たアトラクションに長男、次男が挑戦しましてました。
a0038328_2239336.jpg

[PR]
by mmbrothers | 2009-04-26 21:38 | BMW R1100RS

BMW BOXER Journal

最近よく購入する雑誌の1つは、BMW BOXER Journal(ボクサージャーナル)です。

つい1年前までは全く興味が無かった雑誌ですが、BMW R1100RS購入後は、ちょっとしたR259エンジンの記事が載っていないかどうか気になり、つい購入しています。

現在書店に並んでいるのはVol34号
BMW BOXER Journal (ボクサージャーナル) 2009年 03月号 [雑誌]

この号にR1100RSを16年間で24万km走行し、現在も往復120kmの通勤に使用されている方の記事が載っていました。すごいのは、それまでの維持費が480万!!

私も通勤に使用しておりますが、購入後1年で1.5万km走行し、現在68000kmを超えました。
R1100RSの高速安定性には非常に安心し、かつまだ壊れた個所はありません。(立ちゴケは別)

購入してから気になる点として、フロントブレーキのディスクが手で掴んでカタカタする点でしたが、
この記事に「フローティングピンがやせてくる」という記載があり、なるほどとちょっと安心しました。

他雑誌表紙のR1200RTでの冬で、かつ悪条件での長距離ツーリングの記事を読み、私も将来は欲しいと感じてしまいました。

昔はBMWバイクをオヤジバイクとして興味が無かった私も、気がつけばアラフォー
でもバイクが乗れるようになったおかげでこの年でバイクに目覚めてきました。
[PR]
by mmbrothers | 2009-04-05 01:51 | BMW R1100RS
いつかは起きると思っていた立ちゴケ
センタースタンドを使用して止めた状態から外す際、跨らずにはずしたら、
ニュートラルではなく1速にギアが入っていた事に気づかずガクっと止まり右側に倒れてしまいました。
倒れた瞬間に右後ろウィンカーカバーが粉々に割れてしまいました。
a0038328_23325141.jpg


最近は天気が悪く、新しくカバーを購入するまでに雨が降られるとまずいので修理をする事に
使用したツールはプラリペア、ホットボンド、プラモデル用エナメル塗料クリアーオレンジ
a0038328_2333069.jpg


で、いきなりですが、修理後取り付けた状態
赤丸で囲んだ箇所は割れた部分がどうしても見つからず、ホットボンドで穴を埋めた後
クリアーオレンジで塗ってます。
a0038328_23331260.jpg


遠めに見ると、ほぼ気づかないため、しばらくはこのまま使用してみる事にします。
a0038328_2333202.jpg

[PR]
by mmbrothers | 2009-03-10 23:37 | BMW R1100RS

エンジン同調調整

先日のバルブクリアランス調整後に行ったシリンダーの同調調整方法です。
ある程度アイドリングが落ち着いた状態で行います。

下記写真の赤丸で囲んだパイロットエアスクリューを左右の負圧を計り、合わせながら調整していきます。
このパイロットスクリューを外すと結構汚れているので、調整前にエンジンコンディショナーをスクリュー穴に吹きかけて綺麗にします。
エアクリーナとインジェクターをつなげているプラスチックのパイプ(インシュレータ)を外し、そこからエンジンコンディショナーを吹きかけた方が内側も綺麗になり良いと思います。

パイロットエアスクリューを戻し、調整する場合は、一番閉じた状態から1~2回転戻してから
調整開始します。
a0038328_20574427.jpg


負圧の確認に必要なものは、負圧計とエアポンプ用三又分岐、ビニールホースを下記のように
繋げます。
これもインターネットからDIYで行っている人の情報を参考にしました。
負圧計はアストロプロダクツで念のため2つ購入しました。

a0038328_20512360.jpg


バキュームゲージ用アダプタのゴムキャップがインジェクターの下についているので、
外してビニールホースを繋げます。

a0038328_20513332.jpg

a0038328_2051426.jpg


後は、エンジンを始動させ、三叉の片方を閉じて、逆側を負圧計の針の振れが少なくなるまで絞り、パイロットエアスクリューをマイナスドライバでアイドリング回転数を確認しなら調整します。
数値を確認後、今度は逆側を同じ手順で調整します。

但し、三叉では逆側の負圧に影響するのか、左右バランスよく負圧の数値が合っても
実際に走らせるとザラツキがあり、エンジン回転が滑らかでな場合があります。今回もそうでした。

次にこの作業を2つの負圧計を二又分岐を使ってバキュームゲージ用アダプタに直接繋げて調整してみましたが、負圧計の精度のせいか、二又分岐のせいか、数値が思ったように合わないです。

なので、1つの負圧計を二又分岐で片方を調整し、
次に逆側を同じ負圧計を使って調整するのが、今のところ一番エンジンが滑らかになります。

この負圧調整も直4エンジンと比べると非常に簡単に出来、エンジンが滑らかになるのを感じるので、ボクサーエンジンに負圧計は必須かな!?と思います。

今回はアイドリング状態での同調調整でしたが、エンジン回転数を1500rpm程度に上げてから調整する必要もあります。
この場合は右側のスロットルケーブルの固定ネジを調整して合わせる必要があります。

あくまで自己責任でお願いします。
金のある方は、ディーラーで点検してもらうのがベストと思います。
[PR]
by mmbrothers | 2008-10-12 21:41 | BMW R1100RS

エンジンオイル漏れ

一昨日R1100RSで通勤中、右ブーツが地面に接地した際にやけに滑るなと思い
よく見ると、ギアチェンジペダルがオイルでベトベトになっていた。
もしかしたらオイル漏れ? とエンジンシリンダーヘッド下を見ると、やはり漏れていた。
あまりにも快調で最近飛ばしすぎていた為か
オイルをふき取り昨日も通勤で使用していたら漏れが止まらないので、
BMW BIKES ARCHIVESとセカイモンで落札したサービスマニュアルを参考に、
シリンダーヘッド取付ナットの増し締めを試して見ることにしました。

ボクサーツインは、シリンダーヘッドが横に向いていから、メンテナンスが非常にし易いですね。

まずシリンダーヘッドカバーを外します。
a0038328_234117.jpg


15mmナットが4つあります。これを増し締めします。
a0038328_23411452.jpg


まず一旦完全に緩め、20Nmのトルクをトルクレンチでかけます。
a0038328_2341266.jpg


次に、トルクアングルレンチで180°締め付けます。
アングルレンチは持っていないので、通常のレンチに長いパイプを差込み、180°回転させました。
(写真撮影用に下の図を撮影しましたが、上の図とボルトの位置を間違えてしましました)
a0038328_23414146.jpg


で、ここまで作業したら、ついでにバルブクリアランスも調整したくなり、調整しました。
前回はマニュアル通り、下記クリアランスで調整しましたが、少し緩んできたようです。
IN側:0.15
OUT側:0.30
a0038328_23415617.jpg


今回は下記で調整してみました。これがどのように影響するのかは今後の楽しみとします。
IN側:0.10
OUT側:0.25
a0038328_23421456.jpg


次にバルブクリアランスを行ったら、かならず左右シリンダの同調が狂うので、
同調調整も実施しました。
同調は、また少し距離を走ってから微調整を行う予定です。

で、ここまできたら、オイル交換も実施しました。
オイルはコストコで購入したChevron 20W-50
このオイルは維持費としては、非常に助かります。
1リットル約320円ですから。
また、他に参考にしたホームページでも、R259エンジンにこの鉱物油オイルが合うという記事が多かったので。
ただし、夏に20W-50を使用し、冬に10W-40を使用したかったのですが、
コストコにはこの夏まで10W-40のみ売っており、つい最近20W-50を置くようになりました。
時期的に売れない商品を安く売ってるのかな?

オイル添加剤 IXL
これは、約5000km走行で、過去2回のオイル交換で200mlずつ入れていますが、
エンジンがかなり滑らかになり、効いていると思います。

a0038328_23422565.jpg


久しぶりに長時間メンテナンスを実施し、疲れましたが楽しいですね。
整備後近くを走りましたが、今のところオイル漏れは無くなりました。
今後も漏れない事を祈ります。
[PR]
by mmbrothers | 2008-10-05 00:13 | BMW R1100RS
購入時から気になっていたウィンドスクリーンの形と大きさ
R1150RSで、より大型に変更されており、なんとか取付けられないだろうかと考えていました。

R1100RSとR1150RSのウィンドスクリーン取付説明書
http://www.ascycles.com/illustrated_parts_catalog_main.aspx

比較すると、上図1、下図11の土台は同じであり、R1150RSはその上に2のアダプタープレートを挟んでウィンドシールドが取り付けられています。
またシールドには取付穴が6つ付いていますが、内側4つの位置はR1100RSと同じ。
a0038328_2205442.jpg
a0038328_221359.jpg



BMW BIKES ARCHIVES R259系総集編に掲載されていたR1150RSのウィンドシールドを良く見ると、
確かに内側4つのみで固定されています。
という事は、$166するアダプタープレートを購入しなくても取り付けられる可能性が高いです。

a0038328_221932.jpg
a0038328_2211531.jpg


んで、ヤフオクで格安で出ていたR1150RS用ウィンドスクリーンをゲット。
但し、左下には亀裂があります。さてどうやって補修するか検討
a0038328_2212285.jpg
a0038328_2212859.jpg


ウィンドスクリーンはポリカーボネイト樹脂か、アクリル樹脂のどちらかが殆どですが、
純正は恐らくポリカーボネイト樹脂

この樹脂用の接着剤がなかなか無いんですね。

以前 無料サンプルで頂いたフロムシートが使えるか試すため、
破棄予定のCD-R(裏面の材質はポリカーボネイト)を切断し、
切断面に接続し直射日光を当てて5分まち硬化させましたが、
接触面は簡単に外れてしまいました。ポリカーボネイトとは合わないようです。

ようやくプラリペアという接着剤がある事が分かったが、
近所のホームセンターには売ってないんですね。
探し回ったあげく、ユザワヤにてようやく見つけ購入しました。

a0038328_2213695.jpg


で、接着の仕方はプラリペアのホームページを参考に、
V字形に割れ目を切断し、接着面積を大きくして接着出来ました。
a0038328_2214134.jpg


接着後、不透明にはなりますが、かなりしっかり接着されており使用には耐えれるかな!?
と思います。
a0038328_2214650.jpg


で、早速取付てみましたが、穴の位置がR1100RSのより微妙に外側に配置されていて、
最後の1つのネジがなかなか入りません。
そう、土台のプレートとウィンドスクリーンは球面のため、
アダプタープレート分の厚みのあるものを挟まないと、穴の位置が合わないんですね。
で、早速代わりになるものを探し、スポンジシートとゴムシートを使用することにしました。

まず、土台の形にあった型紙を作成し、ゴムシートに合わせて切りました。

a0038328_2215293.jpg


次に、切ったゴムをR1150RS用のウィンドスクリーンの下側に固定し、
穴の位置を鉛筆で印を付けます。
a0038328_2215735.jpg


穴開けは、ハトメ用の工具で空けました。ポンチでも良かったかも
a0038328_222356.jpg


土台の上には、スポンジシートを下記のように接着
a0038328_2221035.jpg


その上に加工したゴム板を取付けてチェック。
真ん中が少しそり曲がってしまったが、まあ大丈夫でしょう。
スクリーンへの接地面の力を分散させるため、ボルトは平頭ボルトに代え、
ワッシャとゴムパッキンを挟んでいます。

a0038328_2221598.jpg


スクリーン取付後、カウルに付いている突起したゴムに軽く接するように角度を調整しました。
これにより風圧による力が分散され、ネジ穴の割れが進まないでしょう。

a0038328_222226.jpg


で、取付後高速走行してみましたが、○後○KM程度でも全く問題なく使えてます。
ひび割れも進んでません。

代えての感想
ほぼスクリーン角度は一番寝かせた状態で使用していますが、殆ど体に風が当たらなくなり、かつヘルメット越しに聞こえる風の音が非常に気持ちの良い音に変わりました。
小雨が急に降っても、肩周りしか濡れなくなりました。

※加工はご自身の責任で行ってください
金のある方はアダプタープレートを購入する事をお勧めします。

a0038328_2222827.jpg

[PR]
by mmbrothers | 2008-09-06 02:26 | BMW R1100RS

燃費と磁石

R1100RSの燃費については、購入当初からそれほど悪いとは思わなかったが、
やはりマグナの平均25~30km/Lと比較し、かつ原油高等によるガソリン急騰のため、
何かしら方法がないかと調べていた所、

ニ六(ニロク)製作所の
燃費を考える
http://www.26magnet.co.jp/database/enjoy/fuel.html
と、ネオジム磁石をフューエルホースに巻くと良いといった記事も多く見受けられたため、
早速作成してみました。

また、単に巻きつけるのではなく、
2つの磁石の異極を向い合せ後側を鉄で結んだ場合
磁石を向い合せただけの場合より、漏れ磁束が少なく磁力線が増します。いわゆる閉回路の代表的な方法の一つです。
との記事ものっていた。



そこで、適当なサイズの閉回路が無いか探していた所、
壊れた電気モーター(プラモデルとかで使われるマブチモーター)の筐体を利用することにしてみました。

まず分解し、ハサミで切れ目を入れます。
a0038328_2383028.jpga0038328_2385636.jpg





次に、切れ目を綺麗に切り、真ん中にフューエルパイプが通るように上面を丸く加工します。
下側のプラスチックも同様に加工します。
a0038328_2391617.jpga0038328_2393051.jpg




見かけを良くするため、カーボン調カッティングシートで綺麗に包装します。
a0038328_2394459.jpga0038328_2395780.jpg



で、出来て装着したのが下の写真です。
a0038328_2401039.jpg

a0038328_2402718.jpg




当初モーター内の磁石を使っていましたが、形と、磁力からあまり効き目がなさそうなので、ネオジム磁石を4つ購入し、下記のように配置してみました。
a0038328_240414.jpg


効果の程はというと...
ここ最近19~20km/L近くになっている事が多くなっているが、他のメンテンスも影響しており、
かつ快調過ぎてつい速度を出してしまうと18km/Lなので、なかなか比較したデータが取れません。。。

合計金額
・モーターは壊れたものを利用したので無料
・ネオジム磁石は4つで1000円程度
・カッティングシート等はマグナ時代から余っていたものを使用したので無料
しめて1000円です。
[PR]
by mmbrothers | 2008-09-05 02:53 | BMW R1100RS

R1100RSインプレッション

R1100RSインプレッションです。

デザイン:
購入意欲のない頃、GooBike.com等でいろんなバイクを眺めていましたが、
なんというかイカのような形の悪いカウルをしたバイクだな~と思っていました。
実物は、そこまで悪くはなく(色や写真の角度によるかも)
ハーフカウルのためR259フラットツインエンジンの形が非常に良く分かり、
エンジンからドライブシャフト辺りが非常に興味をそそります。
また、メッキを多用しておらず、錆びが殆ど発生しない事はバイク通勤では非常にありがたいことです。


エンジンからシャカシャカ聞こえるとカミさんが言ってましたが、私は気になりませんでした。
マフラーからの排気音は非常に静かで原チャリのような音であり、官能的ではありませんが、
逆に静かなのでマンション住まいには近所迷惑にはならないから安心します。
20分程度走行してエンジンが温まってくると、信号待ち等でクラッチをニュートラルにした途端にカタカタと音がなるのは非常に気になりますが、他のHP見てもこの音は鳴っても問題ないとしか書いてないので良くわかりません。

クラッチ
乾式クラッチなのか、5万キロ走行しているせいなのかクラッチは非常に重いです。
半クラ多用する渋滞では、非常に左手が疲れます。

高速安定性:
非常に安定している。暴風暴雨でも殆ど揺れません
さすがドイツ車ですね。
BMWは高速で濡れないと書いた記事がありましたが、R1100RSはウィンドシールドやカウルが小さいせいか濡れます。

低速走行:
購入当初はアイドリングが安定するまで毎回のようにエンストしていましたが、
メンテナンスをしているせいか、ここ最近はエンストもせず、10km~20kmの
2000rpm前後の低回転域でも粘ってくれます。

加速:
他のバイクと比較した事がないですが、90psなのでそれなりの加速は出来ると思います。
0-100も4秒程度でしょうか?
いつのまにかスピードが出ていますが、安定感があり感覚が麻痺します。

燃費:
V-TWINマグナの燃費は高速で平均25~30km/L
R1100RSはというと、購入当初は17km/Lでした。
今は18から20程度いきます
(平均スピードがかなり違ってくるため同じ速度だと伸びるかも)

バイク購入後半年間で行った事
・バッテリ交換
・オイル&オイルフィルター交換
・プラグ交換
・アーシング
・ヘッドライト バルブ交換
・ETC取付
・同調調整
・オイル添加剤混入
・燃費改善磁石の取付
・スピードメーターワイヤー交換
・ウィンドスクリーン交換
[PR]
by mmbrothers | 2008-08-31 23:34 | BMW R1100RS

マグナからBMW R1100RSへ

ほぼ1年ぶりの記事UPとなります。

この1年で、趣味のバイクは大きく変わりました。
昨年9月に大型免許を一発試験で取得し、

アメリカンのHarley Davidson 883や1200Sから
Yamaha V-MAX、Suzuki バンディット、GSX1200、
HONDA CB1300、SB、CBR1100XX等など迷いに迷った結果、
BMW R1100RSを購入しました。

a0038328_16302434.jpg
a0038328_1630396.jpg
a0038328_16305088.jpg
a0038328_1631295.jpg
a0038328_16311668.jpg


何故BMWなのか?
バイク通勤をしていますが
高速道路の安定性を求めると、やはりカウル付きが良いなという事と
なるべく安く購入したかった為、30万円程度の大型バイクを探していた所、
R1100RSの95年モデルで走行5万キロちょいのものを見つけ、勢いで購入しました。

今後はR1100RSの記事をUPしていく予定です。
[PR]
by mmbrothers | 2008-08-30 16:53 | BMW R1100RS