ふじかわ家のページ


by mmbrothers

動体検知画像をWEB表示

Raspberry PiにWEBカメラを繋げ、
motionで動体検知した際、USBメモリにjpgファイルを保存するよう設定しています。

ここを参考に、最新の5枚の画像をwebで表示出来るようシェルを組み、cronで動作させてみました。

60秒間隔で、/mnt/usbmem/motion下のjpegファイルの最も新しい5枚を/var/www下に
motion01.jpg~motion05.jpgと連番でコピーするようにしてみました。

pi@raspberrypi ~ $ vi /home/pi/motionjpg.sh
#!/bin/bash

while :
do
# FILE=`ls /mnt/usbmem/motion/*.jpg | tail -1`
# sudo cp -f $FILE /var/www/motion.jpg
# sudo rm -r /var/www/*.jpg
# sleep 5
ls /mnt/usbmem/motion/*.jpg | tail -5 | awk '{ printf "sudo cp -f %s /var/www/motion%02d.jpg\n", $0, NR }' | sh

sleep 60
done


上記コマンドは”| sh”を外すとコマンドが表示されるので分かりやすいですね。
pi@raspberrypi ~ $ ls /mnt/usbmem/motion/*.jpg | tail -5 | awk '{ printf "sudo cp -f %s /var/www/motion%02d.jpg\n", $0, NR }'
sudo cp -f /mnt/usbmem/motion/20121209201413-00.jpg /var/www/motion01.jpg
sudo cp -f /mnt/usbmem/motion/20121209201721-00.jpg /var/www/motion02.jpg
sudo cp -f /mnt/usbmem/motion/20121209202458-00.jpg /var/www/motion03.jpg
sudo cp -f /mnt/usbmem/motion/20121209205030-00.jpg /var/www/motion04.jpg
sudo cp -f /mnt/usbmem/motion/20121209212717-00.jpg /var/www/motion05.jpg


/var/www/index.htmlにはmotion01.jpg~motion05.jpgを表示するよう<img src="motionXX.jpg">を5行追加しました。

画像は自動更新とは行きませんが、開いた時に最新の5枚の画像が表示されます。
[PR]
by mmbrothers | 2012-12-09 23:33 | Raspberry Pi/ラズベリーパイ